香田さん殺害の事実

首を失ったうつ伏せの背中に星条旗に包れた香田さんの頭部が発見された。
リンク
ご家族とご両親には、ニユージーランドへワーキングホリデイで行っていた、息子の突然に知らされた拉致と殺害の予告が、現実のものとなった。
足は縛られて、拷問や撃たれた後はなく、顔にすり傷だけで他の殺害者の殺害状況と同じく首だけを切り落として殺害している。
非常に凄惨で惨虐だ、ご家族には惨過ぎる。
星条旗を使い、米国と多国籍軍で参加する日本人は同じだと暗示している。

小泉首相は、「断固たる姿勢でテロとの闘いを継続する」
日本は米国ブッシュに云う、テロといつから戦う国になつたのだろう。
外相も官房長もテロに屈しないと口々に云う。
「残念だ。残虐非道な行為に改めて憤りを覚える」
立派な首相としての決断に、自責の念は全くない、見殺しには違いない筈だ。
「香田さんがテロの犠牲になられたことは痛恨の極み」
避けられない犠牲という意味か、国事行為の生贄になった。
自衛隊派遣延長に、「今回の事件は直接は影響しない」
延べ5人目の殺害の犠牲者となる。
犠牲は何人までが、許容範囲なのだろうか。
海外の日本人施設など狙われたら、大規模な犠牲を伴う事もありえる。
外務省の姿勢は一貫して安保条約に制約される。

香田さんのご家族に、誤報で翻弄された情報てから。
リンク
遺体「香田さんと確認」の電話にも出られず、憔悴が激しい。
聞きたくない信じたくない、やり切れません。
「このような結果になりましたが、イラクの人々に1日も早く平和が訪れますようお祈り申し上げます」真澄さん、節子さん、真生さん
云いたい事はあった筈だが、中傷や誹謗があった。
無謀の謗りを受けていたが、家族はどんな事がっても助かる道があるなら縋りたい。
別に外交官の職務が崇高で尊いとか、自分探しの個人的旅が不用意だとか分ける。
4月のご家族の自衛隊撤退の要望は、次第に自己責任バッシングで消え入り封じ込められた。
希望や要望する権利はある、見殺しの決断をした小泉首相を非難する事も出来る。
伊・英・米・韓・拉致に要求拒否で殺害の家族は、決断の大統領、首相を非難している。
香田さんの死亡は全てが無意味な事となる。
そっとして上げたい、これからご遺体を引き取り、ご葬儀を出さなければならない。
その後苦しみは、長く受け入れなければならない。

「何が起きているかこの目で見たい」
「行かなくてはいけない」
香田さんの言動には強い信念が感じられる、もどかしく生きる意味を見出す事を、求めて行動の衝動が突き動かしているように思えた。
かなり真面目な青年だったようだ。
残念でならない。

国の犠牲はもう沢山だ。

自衛隊は撤退すべきだ。
[PR]
by Idtaka3 | 2004-11-01 02:57
<< 香田さん追悼・自衛隊宿営地のコ... 香田さん誤報で希望だけはある・... >>