JSA

共同警備区域の国連軍(アメリカ軍)撤収の脅威、
リンク
アメリカの戦略はイラク戦争の例の如く、将兵の犠牲を最小限に押さえる。
敵の届かない処からまず叩く。

ハンなら党の大勝、韓国の意識は反米(反日)北朝鮮は同胞と言う意識が体制を占めているようだ。
アメリカの強行には反発するだろう。
韓国は経済発展を遂げ、経済危機も日本よりは早く立ち直り。
軍事力に置いても北がもはや脅威とはならない力を保有している。軍事費はGDP比で数十倍違う。
日本も核や生化学兵器を除けば取るに足らない海の向こうの、ミサイルが日本を跨ぐまで、問題にすらならなかつた国である。

中国が何時も北朝鮮の運命を握っている。急速にその経済発展を遂げつつある。世界の資本投入は世界の工場と13億の生産・消費力はやがてアメリカを抜きさる経済大国になる。

北朝鮮は何れ韓国に併合され統一し民主主義国家にはなるだろう。いつ頃どのようにかわ、北の体制がどう崩壊するかなのだが。
現状で中国が充分アメリカに対抗しえるまで引き伸ばすか、韓国と緩やかに共和国的併合とかも考える。
後は最悪の核を廻るアメリカとの武力進行での併合。
ただイラクと違い戦争でアメリカにメリットは無い。ただ核は容認できない。

本来は後見の中国に責任があるが、核は困るがその核がまた北朝鮮の切り札として役に立つと思っている。生かさず殺さず、金正日に長生きしてもらいたいと歓迎している。

北朝鮮の戦前・戦中日本のに学んだ体制はする事が良く似ている。
可哀想なのは北の市民です。
[PR]
by Idtaka3 | 2004-04-26 02:02
<< 新安保理決議案 国防総省と社の規則に反し解雇 >>